Jantenna

Sense of freedom

2019から2020

「100%で行動するのではなく70%~80%で押さえておく」

そう常日頃心得ているのだけれど、この2年間ほど「ちょっとお願い」「出来ればお願い」「他に代わりがいなくて」など引き受ける事も幾度となくあった。

自分の状態というのはわからない面もあるけれど、大きなアクシデントを何度も経験すると自分の心や身体の状態はある程度わかるもので、そういった事も含めて日々を過ごしていたのだけれど95%位の状態が続いていた様にも思う。

結果としてやはり無理が生じたのだろうな。。。

全治10日のギックリ腰をまたやってしまい、仕事を休む訳にもいかないので完治するのは2ヶ月かかるそうで。。。。

学生時代からクリスマスや年末年始などイベントの日は仕事をしていたせいか仕事をしていたり一人でいる事に寂しさなどを感じる事はないのだが、今年はなんだか寂しさとか惨めさを感じたな。

自分で選択した事なので他人が悪いわけでは決してないのだが、本来やるべき事が後回しになってしまい2019年はリリースできなかった。

かわりにDJの仕事が毎週あったのでそれはそれで良しとしよう。

そこで出会った本気でリスペクト出来るDJに出会い、一緒に時を過ごすほど仲良くなれたのは心から感謝でしかない。

仲間も「Jantennaさーん!」と慕ってくれるので涙が出そうなくらい嬉しいのだが、そう言われても心の奥底では「まだまだこんな自分で申し訳ない」というのが本音だ。

2年間ほど3時間のプレイを毎週1~3日ほど続けてきたのだが、自分が最も伝えたい音楽表現はこの場所では求められていない気がした。

というより、求められている事にシフトする表現と、内面からの自己表現ではアプローチの仕方が変わってくる。

Jantennaのプロジェクトはターゲットが誰か?ではなく、白紙の状態から創作する自己表現なので現代においてはどこかのサーバーに存在していれば良いのだ。

それはそれで地味に続けて行くのだけれど2020年はちょっと違う。

もっと純粋にジャンルがどうのこうのではなく音楽を感じるリスナーにアプローチしていこうかと。

そこで新たな出会いとコミュニケーション出来たらと願って今年を締めくくろうかな。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

CAPTCHA


© 2020 Jantenna

テーマの著者 Anders Norén